読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日くらい良いじゃない

日々おふとんの中

ワールドカップ一巡しました

今回の大会は結構過去と違って面白いなぁと思います。

 

初戦で世界のNISHIMURAとなった西村主審ですが

彼の作った基準であるところの手を使うと強めにPKとるというのが徹底された結果

PK多い気がします。平均3.4点のW杯ですしね今

 

南米開催は南米が強く欧州が弱くなるって結果はそのままに

今回はやたらと逆転が多い気がします。

あとは単純に環境が悪いせいか前半30分過ぎると例外なく全チーム足が止まります。

これが後半開始10分で同じ状態になるので何なんでしょうねぇ?

長友が完全にバテてるのとかここ4年で見た記憶が無いんですが

初戦走れなくなるくらいバテてました。

 

かわす必要なくボランチがスペースあるのに前向いてボールが入る光景の多いこと。

今のサッカーは例外なくボランチはゲームメーカーです。

一昔前のTOP下の役割+守備をボランチがする結果

フォーメーションによりますがFWかOMFがボランチにプレスかけていく形なんですが

例外なくフリーで前向けるようになります

コレCLでもEUROだけでなく去年のコンフェデでも中々見れない光景だったんですが

 

例えばブラジルなんかわかりやすくてゲームの序盤と相手のプレスが生きてる時は前にボール入らないのでネイマールボランチの位置まで来てボールはたきます。

コレが序盤の入り方なんですが中盤くらいからいつもの位置にもどってても

ネイマールにボールくるんですよね。

供給源前向いてプレイ出来ちゃってるから4バックのバイタルのギャップ使えちゃうし

攻撃側やりたい放題でショートカウンター、速攻のカウンターがガンガン決まる感じ

 

どのチームも全体的に修正してくるとは思いますが(実際二戦目のブラジルとメキシコは悪くなかった)今は縦ポンでドーンができるチームが強いです。

現状だとオランダ、ブラジル、ドイツかな。

オランダは割りきって戦術ファン・ペルシでフォローにロッペンとかふざけるな状態なので今のまま推移するとどこも止めれませんw

ブラジルとドイツはアホみたいなフィード力もったCDFもってて

前にタレントが居るので次点。

 

怖さ秘めてるなぁってのはメキシコとオーストラリアだと思います。

オーストラリアはどうなるんでしょうねぇ……

クロアチアすげー強いと思うのでメキシコもつらいかも

なんにせよパワープレイが当たり前のようにできるチームが有利な気がしますね

 

日本は前線の守備のマークの受け渡しをもっと細かく指示した方がいいと思います。

岡崎と香川が的確なチェックしてりゃもうちょい失点下がるはずなので

 

今日全部見てぇよどうしようってなっててサッカー見れて幸せです。